医師紹介ドクター

武蔵野皮膚科クリニック_青木院長

青木 亜紀子

院長
所属日本皮膚科学会
オバジ認定医

一言メッセージ記入

診療方針

皮膚科で日常出会う疾患は死に至るような重病ではない事がほとんどですが、痒みや痛みと言った症状や自覚症状がない様なちょっとした皮膚の異常でも患者さん自身にはとても気になる事であったりします。

普通の皮膚疾患だけでなく、シミやシワ、イボなど日常感じるちょっとしたお肌の悩みでも気軽に相談出来る様な雰囲気を、常に持って診療に臨みたいと思っております。

自分の診断、続く処置、処方により、患者様の「お陰様で良くなりました!」の言葉が聞けた時の充足感、医者冥利に尽きる瞬間です。

今後もこの一言を少しでも多く頂ける様に診察に臨んでいきたいと思います。

座右の銘

“病気を見ずして病人を見よ”

~これは私の母校である東京慈恵会医科大学の学祖・高木兼寛先生の言葉です。

医師は単に病気だけを治療すればいいのではありません。患者さんはそれぞれに異なった社会生活を送っており、医師は病気だけに目を向けるのではなく、生活者としての患者さんを見据えて、治療を提供すべきだというのが、やはり医師であった私の両親の教えでもありました。

『病気を見ずして、病人を見よ』これからもこの言葉を胸に日々、診療してまいりたいと思います。

経歴

  • 東京慈恵会医科大学 医学部 卒業
  • 慈恵医大病院 皮膚科 医師
  • 大宮皮膚科クリニック 院長
  • メディカルプラスクリニック新宿東口 院長
  • 南大沢メディカルプラザ 皮膚科 医師
  • 2009年9月1日 武蔵野皮フ科クリニックを開業
  • 2010年 医療法人社団 青翠会 理事長に就任